自費出版の増刷について

自費出版の増刷について

自費出版の増刷について 自分で書いた本を、商業ベースの出版社に持ち込まなくても出版できる、自費出版は非常に便利なものです。本を一度出版した後で、増刷の依頼をすることは可能ですが、方法によっては費用が多額になる可能性があるため、注意が必要です。
自費出版の本でも、増刷は問題なくすることができます。しかし、著者の方から申し込んだ場合は、著者が費用をすべて負担することがほとんどです。また、出版社から増刷の依頼があった場合でも、増やす冊数が多くない場合は、著者が費用を負担することが多いです。自費出版は便利ですが、本やカバーの元を用意したり、決して安くはない費用を支払ったりと、著者の経済的、時間的負担は軽くはありません。
出版不況と言われる現在でも、自費出版を申し込むことにより、書籍を自分で出版し販売することが可能です。しかし、利益が発生するだけの冊数を売ることは簡単ではありませんし、出版のための費用は安くはありませんので、最低限の注意は必要です。

自費出版の増刷に費用はかかる?

自費出版の増刷に費用はかかる? 商業用に利益になりそうでなくても、自費出版では、自分で費用を負担することで本を出版できるので非常に便利です。また、出版した書籍の売れ行きが好調だった場合、著者の方から増刷を申し込むこともできますし、出版社から増刷する旨の連絡をされる場合もあります。
自費出版をした著者の方から、増刷の申し入れをした場合、著者が費用を支払うことがほとんどです。しかし、売れ行きが良く、出版社側が増刷を決定した場合、著者の経済的負担がまったくないこともあります。出版社が増刷を決定すると、どの程度の数を追加で刷るかも同時に決められます。増刷が少数の場合、著者が費用を負担することがほとんどですが、多数の本が増刷される場合、出版社がすべて支払うこともあります。
自費出版といえども、本が市場に投入されると、商業ベースでの考え方になります。むやみやたらに増刷をすると、多大な出費になってしまいます。出版社とよく相談してから、増刷は判断しましょう。