編集社へ持ち込む

編集社へ持ち込む

編集社へ持ち込む 誰でも立派な本を作れることは自費出版の強みです。自らの著書があることは作家としての信頼性にも繋がります。出版社へ持ち込みする場合、編集の人間に実力を認めさせることが大切です。しかし中には原稿に目を通すこともなく追い返されることも珍しくありません。そのような事態を阻止したいのであれば、きちんと自己アピールできる方法を用意しておくべきでしょう。
自費出版でハードカバーの本を持っていけばインパクトは抜群です。単なる同人誌とは違って一般書店へ流通させることも可能なため、確かな実績の構築にも一役買ってくれます。一般的な出版社も売上の低下に悩んでおり実力ある作家の発掘は至上命題です。だからこそ持ち込みの際にパートナーにしたい人物に見せることが重要になります。自費出版ならば自分の出したい本が出せるため、作家としての個性を前面に押し出すことができるでしょう。持ち込み前に経験を積むためにも本を出す価値は計り知れません。

自費出版はどれくらいの期間でできるの?

自費出版はどれくらいの期間でできるの? 自費出版を行う場合、原稿を用意する所から始めます。用意できたら、自分の希望と合っている出版社を選び、その会社の方に出来た物を送ります。原稿自体は完成していなければならないと言う訳ではなく、まだ制作途中であったとしても問題はありません。様々な形式の物を受け取ってもらう事は可能です。

応募後は担当者と打ち合わせをし、推敲したり書籍そのものの仕様を決めたりして行きます。また出版の時期や費用等を決め、最終的に出版社と契約したら、あとは完成を待つのみ、と言う事になります。この場合の期間は大体半年程度でとなっていますが、これは元々原稿が完成した状態で出版社を訪れた場合の事です。もしまだまだできていないのであれば、担当者と打ち合わせを繰り返していく為、原稿を完成させるまでの期間がプラスされます。半年は平均的な長さで、もっと早く完成させたいと言う時は、それよりも短い期間で自費出版を行う事も決して不可能という訳ではありません。