自費出版のための知識

自費出版の印税はいくら?

自費出版の印税はいくら? 近年のインターネット普及により電子書籍などの自費出版が増えています。
それ以外にも紙による出版も増加傾向にあり、自分の趣味としている詩・小説・写真を形にして残したい人には人気となっています。
自費出版を行う事は様々なメリットやデメリットがあります。
出版物をして誰もが考える事は、儲ける事が可能かです。
しかし、黒字とする事は中々困難で名前が知られている人物以外は厳しいものがあります。
それでも、出版物には著作者に対して印税が入ります。
発行部数により変動しますが、定価が1,000円で10%の印税で100冊売れても1万円程です。
支払い条件や印税率は各社異なり様々な設定をしており、発行部数に対して幅があります。
ただ、自費出版の目的は儲ける事以外にも作品が自分のPRとなり、様々な人の目に触れてもらう事もあります。
例え黒字にならなかったとしても少しでも多くの方の目に、焼き付く事が出来たなら十分に元が取れたと考えられます。

自費出版で印税はどれぐらい期待できる?

自費出版で印税はどれぐらい期待できる? 自費出版をする際に気になるのが、「どのくらいの印税が期待できるのか」ということです。
印税の相場は、基本的に本の値段の10%ですが、これはプロの作家も含めての話です。
ライターなどの場合、8%ということもあります。
例えば、1,000円の本を5,000部刷ったとして、印税率が10%なら50万円となり、8%なら40万円となります。
しかし、印税率よりも重要なのが、「印刷した数を基にするのか、売れた数を基にするのか」ということです。
上と同じ例で、5,000部のうち2,400部しか売れなかった場合、売れた数だけを基に支払われる契約だと、24万円しか貰えないということになってしまいます。
ですから、著者としては売れれば売れるほど印税が増えるのですが、出版社としては、自費出版は手堅い儲けが得られる商売なので、あまり印税は重視していません。
とはいえ、「これは売れる」と思わせるほどの内容であれば、出版社も本腰を入れて宣伝などをしてくれる可能性はあります。